琴浦さんに行ってきました

今期のアニメでは一番のお気に入りの『琴浦さん』。
そのヒロイン、琴浦春香の名字の由来ともなっている鳥取県東伯郡琴浦町へ行ってきました。
何故かというと、地上波放送だとOPの後に提供とCMが入るんですがそこで上手いこと琴浦町のステマ(PR)をしてくれて
いるわけですよ。詳細はこれから下を見ればわかると思います。

もっと読む»

■琴浦町へ
2/27が夜勤明けの非番。2/28が休日。前から琴浦町へ行ってみたいなというこでうまいことomiさんとも予定が合って行くこと
になりました。1日目は大阪出発で岡山経由で米子入りし、ここで一泊して次の日に車で琴浦町へ向かうことにしました。
米子から日本海の海岸沿いを東へ向かうこと約一時間、琴浦町の役場に到着。


101012



田舎の町の役場にしてはかなり立派です。さては、金を持っている自治体だな。琴浦町は。
で、役場の中にはいるとコレだ

101013



タイアップの4コマ漫画パネルだ。
で、2階の商工観光課に向かうと...


101014




おぉ!
結構押してるな。
ここで、琴浦町の観光のパンフレットを頂き、ついでに記念に琴浦さん×琴浦町の名刺を購入しておきました。
生憎、名刺は品切れで後日発送でしたが、送料を町で持ってくれる上に、2月末までの限定でポスターのおまけ付ですよ。
かなりの気前の良さ。やはり金持ちの自治体は違いますな。


■転法輪寺

1002004
第3話 提供画面


この画面を最初に見たときはどこかと思ったが、琴浦町にある寺と判明してからそういうことかと自体が呑み込めましたよ。

そして、こうだ。


101003
転法輪寺にて



似たようなことを結構いろんなところでやっていたなw
でも、何かが違う。 これは本当に現存する、2次元でなくて3次元だ! つまり、完全100%な再現が可能。 でも、カメラ
といい動き方といい、挙動不審なのは2次元世界の舞台を現実世界で探し求めいるのと大差はない。つまり、巡礼とかわらないと
いうことだ。でも、2次元と3次元では越えられない壁があるのもまた事実、なのである。



1002005
第4話 CM


101004




■船上山

1002002
第2話 提供



これは合成っぽいですが…
101006
船上山ダム



1002003
第3話 CM



101005




春の陽気で全然寒くなかったけどなw

船上山は桜の名所なので4月にまた来れたら...いいなぁ。


■鳴り石の浜

1002006
第4話 提供



101008




1002007
第5話 CM



101009




何が!?w
鳴り石の浜は石ころが波に揺られてゴロゴロと音をたてることからこう呼ばれているみたいです。よく鳴れ、良くなれ
ううむ。



疲れた、残りの画像は後日に回そう。

— posted by kei.k at 12:26 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

この記事に対する TrackBack URL:

設定によりTB元のページに、こちらの記事への言及(この記事へのリンク)がなければ、TB受付不可となりますのであらかじめご了承下さい。

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

ThemeSwitch
Created in 0.5691 sec.
prev
2013.3
next
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31