KEIWP百24第05号アニメ百科事典『たまこまーけっと』 第2回現場調査

前回では第1話分の舞台は巡りきれていなかったので引き続き追加で現調に行ってきました。

■藤森

NONALNUM-MDHoqbEwMDE-E
第1話より


P1190376




NONALNUM-MDHoqbEwMDI-E
第1話より


P1190381




NONALNUM-MDHoqbEwMDM-E
第1話より


P1190371




第1話の冒頭部で通学路(?)として出てくる場所は、京阪本線藤森駅北改札口を出てすぐの場所になります。
写っている高架は名神高速道路の高架で、川みたいなものは琵琶湖疎水です。
琵琶湖疎水とは何ぞやという記事はここでLink
アニメ作中の絵と対比してみると、ここはかなり高い再現度ですね。


■錦湯

NONALNUM-MDHoqbEwMjQ-E
第1話より


P1190385
錦湯



NONALNUM-MDHoqbEwMjY-E
第1話より


P1190387



アニメ作中でうさ湯のモデルとなったのが錦湯。EDのクレジットから予想していたのですが、本当にあたりでした。
ただ、ここも路地が狭くてコンデジでは全体が写せなかったので、次はデジ一⁺広角レンズで撮りに来ないとだめですね。

さて、折角なので中も見るべくついでに湯に浸かっていきました。


NONALNUM-MDHoqbEwMjc-E
第1話より


NONALNUM-MDHoqbEwMjg-E
第1話より



さすがに、内部の撮影は場所が場所だけにやめておきましたが、中に入って番台があって、その奥に脱衣所がある構図
とかそのままでした。これは是非各自の目で確かめてみて下さい。今となってはなかなか見れなくなった昔ながらの銭
湯の雰囲気を味わえるかと思います。
ちなみに、アニメ作中にも脱衣所で出てきた脱いだ衣類を入れておく籠、柳行李(やなぎごうり)と言うらしいです。地
元の常連さんらしき方が説明してくれていました。この柳行李を置いてある銭湯も今となっては珍しいものになってい
るそうです。そして、この錦湯には常連さんのものなのか名前入りの柳行李も置かれていました。出町枡形商店街とい
い、地元の日常的な感覚を強く出している感じがしました。

錦湯さん自体はこんな感じLink で紹介ページがありました。



NONALNUM-MDHoqbEwMTg-E
第1話より


ちなみに、うさ湯へ行くこのシーンは錦湯付近ではなく、

IMG3866



枡形商店街の西側の入口から寺町通りを少し北へ行ったところにあります。先日の現調の時に見つけてきていたのです
が載せるのを失念しておりました。

第1話の舞台でまだ見つけれていないのが、学校と商店街の営業中のシーンかな。商店街の営業中のシーンは来週16日
の非番を利用して見に行ってきますか。

最後に今回のGPSログを載せておきます。

20130112Link

— posted by kei.k at 10:57 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

この記事に対する TrackBack URL:

設定によりTB元のページに、こちらの記事への言及(この記事へのリンク)がなければ、TB受付不可となりますのであらかじめご了承下さい。

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

ThemeSwitch
Created in 0.6574 sec.
prev
2013.1
next
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31